小腸カプセル

カプセル内視鏡

カプセル内視鏡とは、飲み込むだけで検査ができる画期的な内視鏡です。飲み込まれた、超小型カメラと無線装置内蔵のカプセルは、蠕動運動によって消化管内を運ばれ、前進しながら腸内を撮影し、画像データを体外に送信、患者さんが装着した体外の受信機でデータを受信します。このカプセルは大きめのビタミン剤程の大きさの使い捨てタイプで排便時に自然に排出されます。

Comments are closed.