ごあいさつ

Dr. Osato大里クリニックは、2001年3月1日に日本語で安心して医療を受診したい患者様のために創立しました。

専門医の勉学中に、英語で十分にご自分の症状を理解してもらえず困っていらっしゃる旅行者の方々や、日本人の方々のお手伝いをしているうちに、このロサンゼルス・サウスベイ地区にはたくさんの日本人がいらして、日本人病院の必要性を強く感じ、家内と2人で当院を開始しました。その2人で始めた小さなクリニックが皆様のご理解、助けにより、18人が働く総合内科・消化器専門病院へと成長しました。現在は、家族全員を診る家庭医(Family Practice)を目指すようになりました。多くの方の主治医(Primary Care Physician)とさせて頂いております。

当院は「隣人を自分のように愛し、仕えなさい」というキリスト教理念に基づいて、優しく親切に愛の心を持って、来院される患者様に仕えていきたいと願っています。 真の医療の働きは、単に身体的な癒しだけではなく、心と魂の癒しがあってこそ、「全人的医療」(To Make Man Whole Through Christ’s Love)になるのではと確信しております。 また患者様が病気になって苦しまないように、健康診断による早期発見、予防医学とともに健康教育による健康増進に今まで以上に力を入れていきたいと考えております。 特に治療困難な癌の予防、早期発見、治療に努力していきます。 その目標達成のため、絶えず勉学に励み、質の高い最新医療を目指していきたいと思います。

医療は患者様が中心であるべきだと考えます。患者様の立場に立った医療、そして患者様の権利を尊重していきます。 患者様よりの建設的なご意見をいただきながら、それに十分にお答えできるクリニックを目指し、一日一日心を新たにし、努力していきたいと考えております。 よろしくお願いいたします。

最後に、私はアメリカで20年以上、日本においても10年の内科専門医としての経験がありますので、必要に応じて日本の信頼できる病院への紹介もできますのでご相談ください。

当院のモットーである聖書の言葉を御紹介します。   

「人にしてもらいたいと思うことはなんでも、あなたがたも人にしなさい。」マタイの福音書7:12

大里雅治 1月2012年記

*スタッフによるお知らせ・ブログも随時アップしておりますので、是非ご覧ください!*

Comments are closed.